忍者ブログ
「LEFTY GRANT」の製作裏話など
お見苦しい文章なので、隠します。

うちは、拍手とメールしかコンタクトを取れないようにしていますが、基本、漫画の感想は拍手でいただくことが多いです。

しかし、明らかに拍手の弊害と言えるのが、

・初対面の人間が、無記名でタメ口で書き込む
・無記名で一方的な批評

ですね。

私は、批判や批評を受けること自体は、悪いことだとは思っていません。
が、無記名で書かれる事が腹が立つんですよ。(あと、タメ口も)
自分の意見が正しいと思うなら、自分の名前を明らかにして相手から反論されようとも、主張できて当然だと思います。
それなのに、言いたいことだけ言って、でも相手には何も言われたくない、誰が言ったかバレたくないというのは、とても卑怯な行為だと思います。

他人を批判するなら、正々堂々としろ!

というのが、私の本音です。
そもそも本名を書けと言ってるんじゃないし、せめて適当なHNくらい書けばいいのに…。

以前はもっと厳しい批評を、掲示板やメールでいただいたことがありました。
でも、皆さん、ちゃんと名乗られていました。サイトをお持ちの方は、サイトも明記してましたし、メールアドレスも記載されてましたし。
まぁ、昔は今のようにスパムメールや書き込みが横行することも少なく、のんびりしてたからですが。
ただ、反論も受けて立つ、という姿勢の表れだったと思うんですよね。

相手を批評するということは、たとえ善意の批評であるとしても、多かれ少なかれ相手を傷つける行為です。
相手を傷つける以上、その重みを抱える覚悟がいると思います。
最近の方は、その覚悟も無しに、お手軽だから~と気軽に書き込んでいるんじゃないかと思われます。
自分自身、同じことをされたらどう思うか。
私は正直、相手を見つけ出して、サイト持ちだったら同様のことをしてやりたい気分ですよ(爆)
思うだけで、実際はやりませんけど(笑)
<他人を傷つけるのは、もう色々と面倒なんで

拍手を外そうかとも、以前から考えてはいるのですが、一部の非常識な人間のために、大半の常識的な利用者の方が不便になるというのは納得がいかず。

昔だったら、上記の腹が立つ人間たちには、拍手のレスで喧嘩売ってたと思うんですけどね~(笑)
最近は、一応大人の対応をすることにしてます。
で、こんなところで愚痴ってたら、一緒なんですがね(爆)

PR
2009/06/07 (Sun) その他 Comment(2)
Name
Title
Text Color
URL
Comment
Password
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

同感!同感です!!

ほめるならまだしも、批判・批評なら言葉選びをよくよく考えて欲しいと思います。
お金を払って読ませているわけでなく、自分が好んで来て読んでいくわけですから、好きでなかったらすぐ帰ればいいし、二度と来なければいいのに。

批評と言えるくらいならまだマシです。
批評と言うよりは誹謗中傷でしかなかったりすると、ただの感情の捌け口のようで、当り散らされた気分。

・・・・・・・・・・・・・・・・
ご意見を読んで、自分もしばしばよく考えずに言ってしまいがちなので、善意のつもりでも気をつけねば、と意識づけになりました(汗)

特にタメ口・・・・・(滝汗)

こういうことって書きにくいことですが、考えさせられることがあって、世の中(の常識)が身についていない私にはためになりますv
ちゃちゃさん / 2009/06/07(Sun) / 編集

そうなんですよね~

愚痴を読ませてしまってスミマセン(^^;

>お金を払って読ませているわけでなく、自分が好んで来て読んでいくわけですから、好きでなかったらすぐ帰ればいいし、二度と来なければいいのに

そう! そうなんですよね。
嫌いなら読まなきゃいいんですよ。

前向きな批評なら耳を傾けますが、「絵が古臭い」とか「オバサン臭い」とか、好みの問題のようなことで文句言われても、どうしようもないじゃんって思いますよ。

あと「絵が下手」は、自覚しているし精進しながら描いているのだから、改めて言われなくてもわかってるっつーの!!(苦笑)

一方的な批評をされる方というのは、単に、相手を貶めて自分が優位にいることを確認して、自己満足したいだけの方が多いんじゃないかと思います。
本当に善意の批評ならば、厳しい意見でも愛情を感じますからね。ただ、だからと言って無記名なのはいただけませんが(^^;

ちゃちゃさんは十分、常識のある素敵な大人の女性でいらっしゃいますよ! 私なぞ未熟なもので、こうやって醜く愚痴っているのが…(汗)
裕奈@管理人さん / 2009/06/08(Mon) / 編集
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]